FC2ブログ

医療用ウィッグ・帽子・乳がん用胸パッド  shiro.factory

医療用ウィッグをカットするスタイリストとして治療中でも日常を温かく平穏に暮らす為のアイテムや方法を綴っています。




コロボックルを近くに感じながら読破~~ :: 2016/04/01(Fri)

前にも書いたように佐藤さとるさんのコロボックルシリーズが子供の頃大好きでした。

そこから、『おばあさんのひこうき』『てのひら島はどこにある』『わんぱく天国』ナドナドを読み進めていました。

佐藤さんの新刊が出なくなって何年も経ち、もう新しいコロボックルには会えないのかと思っていたら

有川浩さんが村上勉さんの挿絵で続編?『だれもが知ってる小さな国』を発見!!

読まずにいられるか!?と即買ってきたのに大事に思い過ぎてなかなか読めずにいたんです

時間に余裕がある時に味わって(笑)読みたい。そう、思っていたから


先日、ココちゃんのお散歩にいつもの手賀沼へ

ポカポカのお天気のこの日に周りを新緑に囲まれて、近くに小さなあの人達を感じながら

読んできました。

IMG_3944[1]




読み始めた途端にあのコロボックル達の世界、子供の頃に思い描いた風景が頭の中に広がったのです。

初めてヘッドフォンで音楽を聴いたときの感覚(分かりづらいですよねぇ~~)頭の中にワぁ~~と響いて世界がね、広がるんです


前半は「はち屋」の説明が多かったっものの、わぁ~~こんな感じ??そっか!こうして繋がる~~ん~~

と意外性とテンポの良さで一気に引き込まれ読み進めていました。面白かったです


全体を通して、コロボックルシリーズの空気感のような優しい感覚は同じように流れていたと思います。

ただ、子供の頃に読んだコロボックルの物語の続きと思って読むとちょっとした違和感が残ります。

有川作品らしいストーリーの進み方。有川作品として読めばなるほどの良い作品なのですが

佐藤さんの世界をそのままに壊さずにとっておきたい人には現実感が邪魔をしてしまうかもしれません。

佐藤さんのコロボックルの物語であり、有川さんのコロボックルの物語でもある。

どちらもコロボックルのお話だけどやっぱり同じではないんですね。

『だれもが知ってる小さな国』は有川浩さんのコロボックルの物語かな。。

でも、悪い気はしない。


有川さんはコロボックル達のもう一つの世界が現代のこんなところにもあったんだね。

と、そんな風に物語を引き継いでくれていて

こっちの世界のコロボックル達ももっと見てみたい次はコロボックルがもっと活躍するお話しが読みたいな。

それまでに、もう一度『だれも知らない小さな国』を読み返してみようかななんてワクワクが蘇ってきました

有川さ~ん、続きをありがとう



IMG_2268.jpg
〈イカリとドットのダブルガーゼ帽子〉
春めいてきたのでこんなお帽子いかがでしょうか。



http://wig-shiro.com/

のぞきに来て下さい!!
















スポンサーサイト
  1. 図書室
  2. | comment:0




コロボックルの物語② :: 2016/02/19(Fri)


①から続きました~

この出来事が2か月程前の事

なのに、未だに読んでいないんです。

本を読み始めると際限なく読んでしまう私は時々ブレーキをかけて

全く読まない時を意識的に作るんです。

忙しいしと理由も付けて・・・今がその時

そして、読まない理由のもう一つは

大好き過ぎて大事に大事にとってある。。

時間と心に余裕のある時に噛みしめて読みたいんです。


でも、本屋さんには行ってしまう。


でっ!数日後、またレジ待ちしていると平積みのハードカバーの中に

村上勉さんの表紙の絵!!コロボックルの!

今度は、村上さんの”コロボックルの小さな画集”

IMG_3601.jpg



あ~~!!!読みたい 

ここまでダラダラと書いて感想無しなの!?と怒られてしまいそうですが

読んだら感想書きますね。

キット子供の頃に読んだ事あるよという方、同じ気持ちと言って下さる方がいるんじゃないかな。

すいません。佐藤さとるさんと村上勉さん愛が止まらなくなってしまいました(笑)




IMG_2243.jpg
<コットンリネンの医療用帽子 >"><コットンリネンの医療用帽子>


http://wig-shiro.com/">
http://wig-shiro.com/

のぞきに来て下さい!!



  1. 図書室
  2. | comment:0




コロボックルの物語① :: 2016/02/19(Fri)

子供の頃に大好きでワクワクしながら時間を忘れて読んでいた児童書

佐藤さとるさんの”だれもも知らない小さな国”この本は、きっと私の本好きの原点ともいうべき本だ。と思う

それまでに長い物語を読んだ記憶が無くこの本が最初の記憶

何度も読んで、少し大人になると手放して

又、読みたくなると買い集めて手放してしまった。

そして、3度目の正直?(こんな使い方?)

またまたシリーズ最初から、そして幼いころに読んだすべての佐藤さとる作品を集めたくなっています。



本屋さんは大好で、よく行くんですがハードカバーは重くて指が一時腱鞘炎になりかけたので

今はもっぱら文庫本

なのでハードカバーのコーナーには寄り付かないようにwwしている私

その日、他の本を手にレジに並んでいたらハードカバーのおすすめ本がレジ待ちしている私の横に平積みされていたんです。

何の気なしに見ると一冊の表紙が目に飛び込んできました!!

その衝撃と言ったら。。。。

昔と変わらない村上勉さんのあたたかな挿絵

IMG_3599.jpg


もう、なつかしさで胸がいっぱいになってしまいました。

そのまま通り過ぎる事など出来る訳もなく気が付くと手に取っていました。

題名は”だれもが知っている小さな国”

これが!!佐藤さとるさんでなく有川浩さんに引き継がれて書かれているんです。

有川浩さんも好きで何冊か読んでいる私ですが???ですよね。

②に続きます~



2015083014502266c.jpg



<ミックススタイルウィッグ>





http://wig-shiro.com/

のぞきに来て下さい!!


















  1. 図書室
  2. | comment:2