FC2ブログ

医療用ウィッグ・帽子・乳がん用胸パッド  shiro.factory

医療用ウィッグをカットするスタイリストとして治療中でも日常を温かく平穏に暮らす為のアイテムや方法を綴っています。




”ハドソン川の奇跡”試写会に行ってきました :: 2016/09/18(Sun)
イーストウッド監督作品の”ハドソン川の奇跡”

公開まえの試写会にて、一足早く観てきました



news_thumb_sully_08.jpg
《ハドソン川の奇跡》公式サイト


あらすじ
2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。
映画.comより


事故は一瞬の出来事。その一瞬にできる最善の方法

一瞬の判断で全乗客乗務員を救った

世間では英雄と言われたが、最善と思われた判断が

事故調査では事故責任を厳しく追及される機長の苦悩が描かれています。

追い詰められる機長をトムハンクスが深く演じています


この映画の全ての始まり、きっかけでもある”バードストライク”って

数年前の綾瀬はるかさんの”ハッピーフライト”でもありましたよね。。。

予測できるトラブルなら回避する予防策はないんでしょうか~~

素人考えでは、エンジン前に鳥が侵入できないような格子状のガードを設置するとか??

エンジンの側で対策はできないのかな。。

ダメなんですかね~そんな単純・簡単な事ではないのかもですね


”ハッピー~”でも、バードパトロールの方が鳥の防除を行っていて

外的な部分で対策が取られているようです

現在は、レーダーやカメラが導入されて目視よりは鳥を検知する精度は上がったようですが

危険性が軽減されたのであって、無くなったわけではないようです



飛行機は乗る機会こそ少ないものの

やはり、あの大きな物体が空に浮かぶ乗り物

それだけで恐怖を感じる人も多いはず

安全対策の精度が上がって事故やトラブルが無くなることを願うばかりです。


映画は、大きな盛り上がりは無いものの

データだけでは計れない人の持つ力に感動があります

9月24日から一般公開です
《ハドソン川の奇跡》公式サイト

観に行ってみて下さい




0tukege-s-jl-k1.jpg
人毛ロング 帽子の付け毛

医療用ウィッグ・医療用帽子・乳がん用胸パッド【シロ*ファクトリー】

のぞきに来て下さい!!
スポンサーサイト





 
  1. 試写室
  2. | comment:0



<<雨だけどバスツアーへ | top | 《アヒルと鴨のコインロッカー》中野ザポケットで観てきました♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する